"金切り声芸人"高木ひとみ〇が青山テルマの名曲『そばにいるね』を熱唱したら...衝撃ギャップがクセになる!

2021/12/17 19:17

「チャッキーちゃん」ことお笑いコンビ・ぽんぽこの高木ひとみ〇(まる)が、青山テルマの楽曲『そばにいるね』を歌唱した。金切り声など普段の強烈キャラからは全く想像できない美声を披露し、青山本人を感動させた。

サムネイル
『本家が聴かせてもらいます』出演の高木ひとみ〇


金切り声&不気味な動きからは想像できない「チャッキーちゃん」の歌声にビックリ! ラップ担当(!?)の相方・そえじまひできとのコンビネーションもバッチリの青山テルマ『そばにいるね』の歌唱映像はコチラ>>

12月16日に放送された音楽バラエティ『本家が聴かせてもらいます』(テレビ東京系)では、ゲストに歌手の青山テルマを招き、歌唱力に定評のある芸能人たちが歌声を披露した。「歌うま芸能人」たちが歌うのは、青山の大ヒット曲『そばにいるね』だ。本人を目の前に名曲をカバーすることになった歌うま芸能人たちは、緊張しながらも歌声をスタジオに響かせた。

参加者のひとりである高木ひとみ〇は、ホラー映画『チャイルド・プレイ』に登場する殺人人形にちなんで「チャッキーちゃん」の愛称で親しまれている芸人だ。今回は相方のそえじまひできも登場し、ふたりで『そばにいるね』を歌うことになった。歌唱直前でも相変わらず甲高い声を上げて不気味な動きをする高木だったが、いざマイクを握るとまるで別人のような透き通った声で『そばにいるね』をしっとり歌い上げた。時折入るそえじまの合いの手が笑いを誘うが、スタジオは感動に包まれた様子だった。

ぽんぽこのほか、人気YouTuberのずま(虹色侍)、Mr.シャチホコ、ダウンタウン・浜田雅功のモノマネを得意とするハリウリサら4組の中から青山テルマが優勝に選んだのは一体誰? 意外な結果に衝撃を受けるはずだ。

金切り声&不気味な動きからは想像できない「チャッキーちゃん」の歌声にビックリ! ラップ担当(!?)の相方・そえじまひできとのコンビネーションもバッチリの青山テルマ『そばにいるね』の歌唱映像はコチラ>>

(文/カオタニ@HEW