RADWIMPS・野田洋次郎、杉咲花と夜のプールで耽美(たんび)なキス...余命わずかな青年役の涙に震える映画『トイレのピエタ』

2021/12/21 18:25

ロックバンド・RADWIMPSの野田洋次郎の俳優デビュー作『トイレのピエタ』(2015年)を動画配信サービス「GYAO!」にて2022年1月5日23時59分まで無料配信中。野田が女優・杉咲花と演じた夜のプールでのキスシーンが、ため息が出るほど美しい......!

サムネイル
『トイレのピエタ』


余命わずかな元画家志望のフリーター(RADWIMPS・野田洋次郎)が夜のプールで女子高生(杉咲花)にキスされ......RADWIMPS担当の主題歌『ピクニック』にも号泣間違いなしの映画『トイレのピエタ』を無料配信中>>

映画『トイレのピエタ』は、漫画家・手塚治虫が日記に残したアイデアをもとに作られたラブストーリー。余命3ヵ月の宣告を受けた元画家志望の宏(RADWIMPS・野田洋次郎)と、窮屈な日々を送る女子高生の真衣(杉咲花)が出会い、互いの素性を知らないまま反発しながらも惹(ひ)かれ合っていく。

映画初出演にして初主演を務めたのは、RADWIMPSのボーカル・野田洋次郎だ。未経験とは思えないほど自然体の演技で、死を目前にした主人公の絶望と生への執着を見事に表現した。中でも、野田とヒロイン役を演じた杉咲花のキスシーンが印象的だ。夜の学校に忍び込んだふたりがプールで泳ぐ姿も、主人公の言葉をさえぎるようにヒロインからキスするシーンも見惚(ほ)れてしまう。死の恐怖と、ヒロインに翻弄(ほんろう)される主人公のぐちゃぐちゃな心情が伝わるシーンだ。

また、主人公が疎遠だった家族のもとに戻り、人知れず森の中で涙を流すシーンには思わずもらい泣きしてしまう......。物語の悲しい結末や、RADWIMPSが担当した主題歌『ピクニック』も含め、終始涙が止まらないはずだ。

サムネイル
『トイレのピエタ』


サムネイル
『トイレのピエタ』


サムネイル
『トイレのピエタ』


余命わずかな元画家志望のフリーター(RADWIMPS・野田洋次郎)が夜のプールで女子高生(杉咲花)にキスされ......RADWIMPS担当の主題歌『ピクニック』にも号泣間違いなしの映画『トイレのピエタ』を無料配信中>>

(文/藤原利絵@HEW