こんな芸術的"BL朝チュン"シーン見たことない...平良✕清居"裸ハッピーエンド"に視聴者「額縁に入れて飾りたい」/『美しい彼』最終話

2021/12/24 16:25

人気BL小説『美しい彼』の実写ドラマ版(MBSほか)最終話で、孤高のカリスマ美男子・清居と彼に恋する男子大学生・平良の"朝チュン"シーンが放送された。上半身裸で幸せそうに抱き合うふたりに「芸術品」「額縁に入れて飾りたい」と称賛の声が寄せられている。

サムネイル
『美しい彼』第6話(最終話)


"地味男子"平良と"美しキング"清居の感情のぶつけ合い、指舐(な)め、教室での情事、自転車ふたり乗り、"朝チュン"......尊すぎるシーン満載の実写BLドラマ『美しい彼』を無料配信中>>

原作は、全国の書店員が選ぶ「本屋大賞」で2020年に大賞を受賞した作家・凪良ゆうの大ヒットBLシリーズ。クラスカーストの最底辺に位置するひとりぼっちの男子高生・平良一成(萩原利久)が、クラスの頂点に立つ孤高のカリスマ・清居奏(FANTASTICS from EXILE TRIBE・八木勇征)に恋する姿を描いた青春ドラマだ。

12月23日に放送された最終話で、すれ違っていた平良と清居は「これで会うのが最後」とそれぞれ決意して、母校の思い出の場所にやってきた。互いに相手を忘れようと決めたはずが、再会したふたりは恋心を抑えきれなかった。「好きだ、清居!」と叫ぶ平良に、清居は「本当に今日で終わりにしようと思ったんだ、なのに......」「忘れたくても、そうやって無神経にズカズカ入ってこられると忘れられないんだよ!」と激しい感情をぶつけた。その後、ようやく気持ちが通じ合ったふたりは、教室でキスを交わし、朝まで肌を重ねるのだった。

翌朝、平良と清居が自転車にふたり乗りをして帰宅するシーンにもニヤニヤさせられるが、ラストでふたりが裸のままベッドで眠る姿に驚いた視聴者は多いだろう。いわゆる"朝チュン(シーンが翌朝に切り替わることで性行為をにおわせる演出のこと)"のようなこのシーンでは、平良と清居が幸せそうに抱き合って眠っている。

ふたりが迎えた幸せな結末に、視聴者は大喜びの様子。Twitter上では「最後のシーンは一生忘れられないカット。まさに芸術品のよう」「最後の裸で抱き合っているシーン額縁入れて飾りたい」「指舐めシーンは後世に語り継がれる名場面」「最後の裸になって眠っているシーン、清居に触れる程度のキスしてない!?」といった声で盛り上がっている。

"地味男子"平良と"美しキング"清居の感情のぶつけ合い、指舐(な)め、教室での情事、自転車ふたり乗り、"朝チュン"......尊すぎるシーン満載の実写BLドラマ『美しい彼』を無料配信中>>

(文/藤原利絵@HEW