"キス職人&王子"ソ・イングク&コン・ユが不意打ちで唇をハムハム...韓ドラ名キス映像祭りにスタジオ「この世で最もイイ!」

2022/1/13 18:55

「キス職人」の異名を持つソ・イングクや、「キス王子」の異名を持つコン・ユらが演じた、韓国ドラマのキスシーンが特集された。ついばむような甘いキスはもちろん、手の位置や顔の角度まで完璧なキスに、女性芸能人たちは大喜びだった。

サムネイル
『今夜くらべてみました』高畑充希が徹底解説!!韓国ドラマのキス名シーン


ソ・イングクの「ギプスキス」「鉄棒キス」「ハムハム多め大人キス」、コン・ユの「不意打ち強引キス」は鼻血モノ......イケメンたちの美しいフェイスラインや手にも注目して視聴すべし!>>

1月12日に放送された日本テレビ系『徳井と後藤と麗しのSHELLYと芳しの指原が今夜くらべてみました』では、女優の高畑充希が大好きな韓国ドラマのキスシーンを紹介した。高畑は、プロの技が光るキスシーンにドハマりしているそう。キスシーンが上手だと思う俳優として、ソ・イングクやコン・ユらを挙げ、自ら選んだ「ベストキスシーン」映像を公開した。

ソ・イングクの名キスシーンとして紹介されたドラマは、『ナイショの恋していいですか!?』(2014年)だ。ソ・イングクは同ドラマで、ギプスをつけた腕で女優を引き寄せる通称「ギプスキス」や、鉄棒越しに不意打ちでする「鉄棒キス」など、少し変わったシチュエーションのキスシーンを演じている。女性芸能人たちからは「これめちゃイイ!」「最高、ヤバイ!」「この世で最もイイ!」と黄色い歓声が上がりっぱなしだった。

大ヒットドラマ『トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜』(2017年)でコン・ユが演じた屋上でのキスシーンも紹介された。女優の前から立ち去ろうとしたコン・ユがすぐさま戻って突然キスするこのシーンは、「不意打ち」という要素に何よりドキッとさせられる。手フェチな高畑がおすすめする、コン・ユがキス後に女優の頬をなでるシーンも胸キュン!

韓流スターたちの芸術的なキスシーンの数々に、視聴者も大興奮の様子。Twitter上では「ハムハム多めシーンだけで100回観れる」「角度、間、添える手、BGMすべてが完璧。ただただ崇める」「トッケビは本当に本当に全人類見てください」「キス職人とキス王子、キュンがやばい。高畑先生さすがです」といった声が続出している。

ソ・イングクの「ギプスキス」「鉄棒キス」「ハムハム多め大人キス」、コン・ユの「不意打ち強引キス」は鼻血モノ......イケメンたちの美しいフェイスラインや手にも注目して視聴すべし!>>

(文/藤原利絵@HEW