すねると幼児化する松本潤、バブみがふかい...駄々っ子な「バカバカ、バーカ!」を永遠リピしたい『となりのチカラ』

2022/1/24 18:13

ドラマ『となりのチカラ』(テレビ朝日系、毎週木曜21時~)で、嵐の松本潤が演じる「すねると幼児化」する主人公がファンをときめかせた。「バカバカ、バーカ!」という駄々っ子のようなセリフに「バブい天使」「本日のMVP」といった反響が寄せられている。

サムネイル
『となりのチカラ』第1話


クールな松潤もかっこいいけど、駄々っ子バブキャラもLOVE......「すねて幼児化」した松本潤の「バカバカ、バーカ!」シーンが超絶かわいい主演ドラマ『となりのチカラ』を無料配信中>>

1月20日に放送スタートした同ドラマは、『GTO』(フジテレビ系)『家政婦のミタ』(日本テレビ系)などを手掛けたヒットメーカー・遊川和彦氏が脚本と演出を務める社会派ホームコメディ。何をしても中途半端な妻子持ちの自称小説家・中越チカラ(松本潤)が、マンションの住人たちの悩みを解決していく姿が描かれる。

松本潤が演じる主人公・中越チカラは、思いやりと人間愛だけは人一倍あるが、何かと空回りしてばかり。マンションの住人の問題に首を突っ込んでは、しっかり者の妻に釘(くぎ)を刺される姿が笑いを誘う。

第1話では、チカラが隣室に住む木次(きつぎ)家の揉(も)め事を解決しようと奮闘した。木次家の長女に寄り添うチカラが、彼女の母親に怒鳴られ、挙句の果てに住民たちからストーカー扱いされる展開に、多くの視聴者がいたたまれない気持ちになったことだろう。一方で、チカラが「バカバカ、バーーーーカ! おまえらなんか豆腐の角に頭ぶつけて......」とパソコンに文字で怒りをぶつける姿がかわいらしい。「どうやらチカラは、すねると幼児化するようだ」というナレーションも含めてクスッとさせられる。

お人よしな主人公役を演じた松本潤のキュートな「幼児化」に、ファンは大喜びの様子。Twitter上では「バブい天使な潤くんをたくさんありがとう」「本日のMVPはキレて幼児化したチカラくんによる『バカ、バカ、バーーーーカ!』です」「『どうやらチカラは、すねると幼児化するようだ』...なかなかにパワーワードだった」「潤ちゃんがかわいいので全世界の人間で愛していこうな」といった声で盛り上がっている。

クールな松潤もかっこいいけど、駄々っ子バブキャラもLOVE......「すねて幼児化」した松本潤の「バカバカ、バーカ!」シーンが超絶かわいい主演ドラマ『となりのチカラ』を無料配信中>>

(文/藤原利絵@HEW

GYAO! 無料動画ランキング

映画、ドラマ、アニメ、音楽、バラエティが、会員登録不要で見放題!今すぐ無料で動画を楽しもう!

5/27 デイリーランキング