作家の愛人&既婚者編集長の背徳ベッドシーン...元グラドルがヌードを披露した文芸エロス映画『不倫純愛』

2022/1/31 18:03

文芸エロス映画『不倫純愛』(2011年、R15+)を動画配信サービス「GYAO!」にて2月21日23時59分まで無料配信中。不倫がテーマの本作では、元グラビアアイドルで女優の嘉門洋子が作家の愛人役を演じ、大胆なヌードやベッドシーンを披露している。

サムネイル
映画『不倫純愛』


人気作家の愛人と既婚者の編集長は、互いの体をむさぼり合うように肌を重ね......約4分間に渡る長く濃厚な不倫ラブシーンが衝撃的! 文芸エロス映画『不倫純愛』を無料配信中>>

本作は、ベストセラー作家・新堂冬樹の同名小説が原作。文芸誌編集長の辰波京介(津田寛治)は、充実した人生を送っているように見えるが、実は結婚15年を超える妻と倦怠(けんたい)期を迎えていた。そんな京介は、人気作家・岡セイジの愛人である川島澪香(嘉門洋子)と出会う。失踪したセイジをふたりで探す中、京介は妖艶な澪香に惹(ひ)かれていき――!?

人気作家の愛人・澪香役を演じたのは、女優の嘉門洋子だ。もともとグラビアアイドルとして活動していた嘉門は、見事なスタイルと美貌によって既婚者の主人公を誘惑する美女になりきった。オールヌードも辞さず大胆なベッドシーンを熱演しており、嘉門演じる澪香が主人公・京介と何度も肌を重ねる姿が官能的だ。情事後、全裸のふたりが口移しで水を飲ませ合うシーンにもドキッとさせられる。

澪香は、愛するセイジに命じられたらソープ嬢にもなる。命令であれば体のキワドい箇所に入れ墨を入れるなど、セイジへの忠誠心は強い。ミステリアスな彼女との性愛に京介は次第におぼれていくが、その裏にはセイジの策略があり、なんと魔の手が京介の妻へと伸びて......!? 作家の愛人と文芸誌編集長の不倫愛が迎える、衝撃の結末に驚くはずだ。

サムネイル
映画『不倫純愛』


サムネイル
映画『不倫純愛』


サムネイル
映画『不倫純愛』


人気作家の愛人と既婚者の編集長は、互いの体をむさぼり合うように肌を重ね......約4分間に渡る長く濃厚な不倫ラブシーンが衝撃的! 文芸エロス映画『不倫純愛』を無料配信中>>

(文/カオタニ@HEW

GYAO! 無料動画ランキング

映画、ドラマ、アニメ、音楽、バラエティが、会員登録不要で見放題!今すぐ無料で動画を楽しもう!

5/28 デイリーランキング