ストーカー女、闇金業者、暴力団にハメられた男たちは、自殺者が集う樹海をさまよい...ワケアリ男女の人生に涙する映画『樹の海』

2022/2/ 2 18:05

自殺の名所で知られる青木ヶ原樹海を舞台にした映画『樹の海』(2004年)を動画配信サービス「GYAO!」にて2月23日23時59分まで無料配信中。樹海にやってきたストーカーの女、闇金業者らワケアリ男女が、生きることを見つめ直す姿が胸に突き刺さる。

サムネイル
映画『樹の海』


「俺と一緒に帰るんだよ」......孤独な闇金業者の男は自殺しようとする顧客の女に身の上話をする。男の涙にもらい泣きしそうになる映画『樹の海』を無料配信中>>

『樹の海』は、青木ヶ原樹海にやってきた男女を主人公に、4つの物語で構成されたオムニバス映画。公金横領の罪を一身に背負わされた朝倉(萩原聖人)、消費者金融で働くタツヤ(池内博之)、自分の経歴を隠し続ける駅売店の店員・手島(井川遥)らが描かれる。

自殺の名所で知られる樹海が舞台なだけあって、『樹の海』に登場する男女は、全員が複雑な事情を抱えている。その中のひとりであるタツヤは、消費者金融で働いており、借金を抱えて逃げた顧客を追って樹海にやってきた。見た目がいかつく言動も荒っぽい上に、常にナイフを携帯し、いかにも危険な男であるタツヤだが、実は幼い頃から孤独を抱えている。そんな彼が、自殺しようとする顧客の女に電話で身の上話をするシーンが印象的だ。相手に自分を重ねたタツヤが、倒れている彼女を見つけ、「俺と一緒に帰るんだよ......」と涙する姿にもグッとくる。

ほかにも、暴力団にハメられた青年・朝倉と自殺志願者の男との出会い、駅売店の店員・手島のストーカー行為をしていた過去なども衝撃的だ。死を目の前にしたワケアリの男女が人生を見つめ直し、もう一度「生きよう」と新たな一歩を踏み出そうとする姿に胸を打たれるだろう。

サムネイル
映画『樹の海』


「俺と一緒に帰るんだよ」......孤独な闇金業者の男は自殺しようとする顧客の女に身の上話をする。男の涙にもらい泣きしそうになる映画『樹の海』を無料配信中>>

(文/カオタニ@HEW

GYAO! 無料動画ランキング

映画、ドラマ、アニメ、音楽、バラエティが、会員登録不要で見放題!今すぐ無料で動画を楽しもう!

5/28 デイリーランキング