「冥土の土産に寝てくれ」と頼まれ...訳アリ老人&崖っぷちヘルパー(安藤サクラ)に笑って泣かされる映画『0.5ミリ』

2022/2/ 4 18:46

訳アリ老人と崖っぷちヘルパーの攻防を描いた映画『0.5ミリ』(2013年)を動画配信サービス「GYAO!」にて3月1日23時59分まで無料配信中。女優・安藤サクラ演じる介護ヘルパーが、死期が近い老人と添い寝して、彼に顔をなめ回されるシーンが衝撃的だ。

サムネイル
映画『0.5ミリ』


やり手介護ヘルパー(安藤サクラ)は添い寝中に老人に耳や目元を執拗(しつよう)になめられ......放尿キャッチ、火事騒動、家族の変わり果てた姿など、開始約20分の怒涛(どとう)展開に呼吸すら忘れる映画『0.5ミリ』を無料配信中>>

本作は、芸能一家に生まれた監督・安藤桃子が、自身の8年にわたる介護経験から着想を得た書き下ろし小説を映画化したもの。主演は、安藤桃子監督の実妹でもある実力派女優の安藤サクラだ。

介護ヘルパーの山岸サワ(安藤サクラ)は、派遣先の家族から「冥土の土産におじいちゃんと寝てやってくれない?」と依頼される。しかし当日、サワはまさかの事件に巻き込まれ、気がつけば「家ナシ、金ナシ、仕事ナシ」の崖っぷち状態になってしまった。生活のため、彼女は訳アリな老人の生活に入り込む「おしかけヘルパー」として奮闘していく――。

安藤サクラ演じるヒロイン・サワは、肝が座った介護ヘルパーだ。慣れた手付きで老人の介護用パンツを穿(は)き替えさせて、彼が突然放尿しても近くにあったコップで即座にキャッチする。そんなサワは、老人の家族から「おじいちゃんと寝てほしい」と頼まれてしまう。「セックスしてほしいってことですか?」というサワの問いかけを家族は「添い寝」だと否定するが、当の本人である老人の認識は違ったようだ。なんと彼は、添い寝中にサワの耳や目元を執拗(しつよう)になめまくったのだ。サワと老人がもみ合いの末に火事を起こす展開も、老人の家族のとんでもない姿にも驚きが止まらない。

映画『0.5ミリ』は、「おしかけヘルパー」となったサワと、訳アリな老人たちのやりとりも見どころ。彼女が世話を焼く老人は強烈キャラばかりで、駐輪場の自転車をパンクさせまくる者もいれば、女子高生が特集された写真集を万引する者もいる。サワと老人の会話は時に笑えて、時に涙を誘う内容となっており、「生きること」や「人生をまっとうすること」の意味を考えさせられる。

サムネイル
映画『0.5ミリ』


サムネイル
映画『0.5ミリ』


やり手介護ヘルパー(安藤サクラ)は添い寝中に老人に耳や目元を執拗(しつよう)になめられ......放尿キャッチ、火事騒動、家族の変わり果てた姿など、開始約20分の怒涛(どとう)展開に呼吸すら忘れる映画『0.5ミリ』を無料配信中>>

(文/カオタニ@HEW

GYAO! 無料動画ランキング

映画、ドラマ、アニメ、音楽、バラエティが、会員登録不要で見放題!今すぐ無料で動画を楽しもう!

5/27 デイリーランキング