美しき暗殺者が遣唐使(妻夫木聡)に介抱され...ゴージャスな美術装飾に息を呑(の)む映画『黒衣の刺客』

2022/2/ 7 18:19

カンヌ国際映画祭で評価された中国映画『黒衣の刺客』(2015年)を動画配信サービス「GYAO!」にて2月16日23時59分まで無料配信中。中国や日本で撮影された美しい映像が見どころの本作には、俳優の妻夫木聡と忽那汐里も出演している。

サムネイル
映画『黒衣の刺客』


"孤独な暗殺者"スー・チーと"遣唐使の青年"妻夫木聡が絵になる......水墨画のような中国の絶景&日本各地の壮美な寺など、ロケ地や美術装飾にもこだわった映画『黒衣の刺客』を無料配信中>>

『黒衣の刺客』は、巨匠ホウ・シャオシェンがメガホンを取り、第68回カンヌ国際映画祭で監督賞を受賞したアクション武侠(ぶきょう)映画。物語の舞台は、唐代の中国。13年前に女道士に預けられたインニャン(スー・チー)は、美しき暗殺者となって両親のもとに戻ってくる。彼女の標的は、かつて許嫁だった暴君のティエン・ジィアンだった。どうしても彼にトドメを刺すことができないインニャンは、暗殺者である自分の中に情愛の心があることに戸惑う――。

孤独な暗殺者のインニャンが数奇な運命をたどるストーリーや、迫力のアクションシーンが見どころの『黒衣の刺客』には、妻夫木聡と忽那汐里も出演している。妻夫木は窮地に追い込まれたインニャンを助ける遣唐使の青年役で、忽那は彼の妻役だ。中でも、妻夫木演じる青年が、負傷したインニャンを介抱するシーンが印象的。インニャンのむき出しの背中に薬を塗っていくこのシーンで、青年はひと言も発しない。しかし、静寂に包まれたふたりの姿は絵画のような美しさだ。

制作期間5年、総製作費約13億円を費やした本作は、独特の映像美も楽しめる。まるで水墨画のような中国の絶景に加え、日本の京都や奈良、兵庫で撮影された壮美な寺院にも目を奪われる。宝石をちりばめたような華やかな衣装や、きらびやかな美術装飾の数々は、華やかな世界観を演出しており、一度見たら記憶に鮮明に残るだろう。

サムネイル
映画『黒衣の刺客』


サムネイル
映画『黒衣の刺客』


サムネイル
映画『黒衣の刺客』


"孤独な暗殺者"スー・チーと"遣唐使の青年"妻夫木聡が絵になる......水墨画のような中国の絶景&日本各地の壮美な寺など、ロケ地や美術装飾にもこだわった映画『黒衣の刺客』を無料配信中>>

(文/カオタニ@HEW