妻を通り魔に殺された男、同性愛者の弁護士、家族関係に悩む主婦...訳アリ男女の「絶望と再生」が胸に刺さる映画『恋人たち』

2022/2/14 18:03

映画『恋人たち』(2015年)を動画配信サービス「GYAO!」にて2月17日23時59分まで無料配信中。妻を通り魔に殺された男、同性愛者の弁護士、家族関係に悩む主婦ら3人の主人公が、絶望を乗り越えて再生していく姿が描かれている。

サムネイル
映画『恋人たち』


「本当に犯人殺したいです。法律が許さなくても、世間が非難しても、神様は許してくれる」......妻を通り魔に殺された男ら主人公たちの心情描写がリアル。希望のあるラストに涙する映画『恋人たち』を無料配信中>>

映画『恋人たち』の監督を務めた橋口亮輔は、リアルな心情描写に定評があり、映画評論家の故・淀川長治は「人間のハラワタをつかんで描く人」とその手腕を評した。本作の主人公は、橋の点検整備をするアツシ(篠原篤)、主婦の瞳子(成嶋瞳子)、弁護士の四ノ宮(池田良)の3人だ。

3人の主人公は、それぞれが複雑な事情を抱えている。その中のひとりであるアツシは、3年前に通り魔殺人事件で最愛の妻を亡くした過去がある。今なお喪失感を抱える彼は、多額の報酬を弁護士に払って事件解決を目指しているが、そのため健康保険料も支払えないほどに貧しい生活を送っている。事情を知らない役所の職員に冷たい対応をされ、さらに通り魔殺人事件が思いもよらぬ形で幕を閉じるなど、アツシが味わう絶望の数々がこれでもかと描かれる。

アツシ以外の主人公も、生きづらさを感じながら、ままならない人生を迷走している。その結果、主婦の瞳子は無関心な夫やケチな姑(しゅうとめ)に嫌気が差して不倫に走り、同性愛者の弁護士・四ノ宮は秘かに思いを寄せていた男友達に最悪な誤解をされ、関係をこじらせてしまう。人生のどん底に落ち、再び前を向こうとする主人公たちの姿は、世界に絶望した経験がある人ほど心に刺さるものだろう。

サムネイル
映画『恋人たち』


サムネイル
映画『恋人たち』


サムネイル
映画『恋人たち』


「本当に犯人殺したいです。法律が許さなくても、世間が非難しても、神様は許してくれる」......妻を通り魔に殺された男ら主人公たちの心情描写がリアル。希望のあるラストに涙する映画『恋人たち』を無料配信中>>

(文/カオタニ@HEW

GYAO! 無料動画ランキング

映画、ドラマ、アニメ、音楽、バラエティが、会員登録不要で見放題!今すぐ無料で動画を楽しもう!

5/27 デイリーランキング