「エレン・イェーガーのせいで......家がぁ」、さりげないダジャレぶっこみに気づいた?/『「進撃の巨人」The Final Season』第82話

2022/2/25 17:00

『進撃の巨人 The Final Season』第82話は、アニ(CV:嶋村侑)とヒッチ(CV:渡辺明乃)の風変わりな友情や、リヴァイ(CV:神谷浩史)の久々の登場に加えて、あの(!?)「家が」ギャグが再び披露されたのも見どころだ。

サムネイル
『「進撃の巨人」 The Final Season Part 2』第23話 夕焼け


「家が」ダジャレは40秒~。地鳴らしで傷ついた老女のセリフをよく聞くと......? シリアスなシーンでもギャグを忘れない姿勢に驚き! 『「進撃の巨人」The Final Season』を無料配信中>>

かつてコニー(CV:下野紘)は、エレン・イェーガーの名前に引っ掛けて、「エレンの家ぇぇがあああ」というダジャレを飛ばした。巨人によって街が破壊されていくシリアスな場面での空気を読まない冗談は、ある意味、名ゼリフとしてファンの心に爪痕を残した。しかし、「家が」ジョークが披露されたのは、実は劇中でこの一度だけではない。『進撃の巨人 The Final Season』第82話冒頭での民間人のセリフに気付いただろうか?

"地鳴らし"で負傷した老女は、「私の家が......エレン・イェーガーのせいで......家がぁ」と嘆いている。弱々しい呟(つぶや)きだったため気づかなかった視聴者も多いかもしれないが、「家が」と「イェーガー」を重ねたダジャレであることに間違いない。まさか、こんな世界の終わりのような緊迫したシーンでも小ネタをぶっこむとは! Twitter上では「さりげなくダジャレ」「こんなシリアスな場面でぶっこまないで」「笑っていいのか悪いのか」「さすが進撃やな!」といった声が上がった。

重い展開が続く中で、さりげないダジャレに加えて、アニとヒッチの不思議な友情も一服の清涼剤となる描写だった。そして終盤、「人畜無害の死にぞこない」として久々に登場したリヴァイだ。生きていたことには一安心だが、どうやらかなりの重症を負っている様子。「人類最強の兵士」として名をはせた彼は、今後物語にどう関わっていくのだろうか。

「家が」ダジャレは40秒~。地鳴らしで傷ついた老女のセリフをよく聞くと......? シリアスなシーンでもギャグを忘れない姿勢に驚き! 『「進撃の巨人」The Final Season』を無料配信中>>

(文/原田美紗@HEW

GYAO! 無料動画ランキング

映画、ドラマ、アニメ、音楽、バラエティが、会員登録不要で見放題!今すぐ無料で動画を楽しもう!

5/28 デイリーランキング