美青年ゲイ役・吉沢亮の全裸緊縛&売春シーン...傷だらけ闇深フェイスに震える映画『リバーズ・エッジ』

2022/3/ 3 17:00

俳優の吉沢亮がミステリアスなゲイ役を演じた映画『リバーズ・エッジ』(2018年、R15+)を動画配信サービス「GYAO!」にて3月26日23時59分まで無料配信中。全裸で縛られてロッカーに閉じ込められ、男性相手に下着姿で奉仕するなど、吉沢が過激なシーンも熱演している。

サムネイル
映画『リバーズ・エッジ』出演の吉沢亮


"ミステリアスなゲイの美青年"吉沢亮が全裸で縛られたままロッカーに閉じ込められ......シャワー&売春シーン、傷だらけ眼帯姿、死体を見つめる美しい顔に目が離せない映画『リバーズ・エッジ』を無料配信中>>

90年代を舞台にした本作は、高校生たちの欲望や焦燥感を描いた漫画家・岡崎京子の代表作を実写化したもの。女子高生の若草ハルナ(二階堂ふみ)は、恋人・観音崎(上杉柊平)のいじめのターゲットである山田(吉沢亮)を助ける。ある夜、山田に河原へ誘われたハルナは、そこで白骨化した死体を目にする。さらに、死体の存在を知る後輩も現れ、3人は異様な友情で結ばれていく――。

吉沢亮が演じた山田は、河原の死体を心のよりどころにしているゲイの高校生という役どころだ。全裸で縛られたまま、夜まで旧校舎のロッカーに閉じ込められるなど、執拗(しつよう)なイジメに遭っている。観音崎から暴力を振るわれるせいで、傷だらけの体が痛々しい。一方で、一見何を考えているかわからない憂いを帯びた表情や、「宝物」という死体をうっとり見つめる横顔の美しさにゾクッとする。

山田のシャワーシーンや、売春するシーンにも驚かされる。バスローブを脱いだ白のブリーフ姿に加え、客の男に"ご奉仕"する姿など、山田役の吉沢亮が体当たりの演技を披露した。ミステリアスな高校生になりきった吉沢の演技はもちろん、二階堂ふみと共にボーカルとして参加した映画の主題歌も含め、吉沢ファンにはたまらない作品となっている。

"ミステリアスなゲイの美青年"吉沢亮が全裸で縛られたままロッカーに閉じ込められ......シャワー&売春シーン、傷だらけ眼帯姿、死体を見つめる美しい顔に目が離せない映画『リバーズ・エッジ』を無料配信中>>

(文/カオタニHEW

GYAO! 無料動画ランキング

映画、ドラマ、アニメ、音楽、バラエティが、会員登録不要で見放題!今すぐ無料で動画を楽しもう!

5/27 デイリーランキング