脚舐(な)め、首絞め、包帯プレイも..."変態限定クラブ"のサービスにドキドキの官能サスペンス映画『美脚迷路』

2022/3/ 4 18:12

官能サスペンス映画『美脚迷路』(2001年)を動画配信サービス「GYAO!」にて3月23日23時59分まで無料配信中。美脚愛好家たちが集うクラブを舞台にした本作は、客がセクシーな美女の脚を舐め、太ももで首を絞められるなど、刺激的なシーンが満載だ。

サムネイル
映画『美脚迷路』


「お仕置きよ!」と美女に太ももで首を絞められ......脚舐め、首絞め、包帯プレイなど"変態限定クラブ"の過激サービスにゾクゾクッ! 官能サスペンス映画『美脚迷路』を無料配信中>>

映画『美脚迷路』は、『ヴァイブレータ』『余命1ヶ月の花嫁』で知られる名匠・廣木隆一が監督を務めた官能サスペンス。刑事の加藤は、同窓会で友人の竹内と17年ぶりに再会する。彼はネットビジネスで成功を収めていたが、再会後、謎の焼身自殺を遂げた。実は竹内はひそかにあるクラブのオーナーを務めており、ふたりの共通の友人である七緒子に店を託していたことが判明する。「MAZE」というそのクラブは、麻薬や売春、殺人など悪いウワサが絶えない場所だった――。

怪しげなウワサが飛び交う「MAZE」は、表向きは脚フェチの客が集う会員制クラブだ。女性キャストたちはみんな美脚の持ち主で、衣装もミニドレスや、ボンデージと網タイツ、ショートパンツなど露出度が高いものばかり。しかし、美女たちが客と繰り広げる過激なプレイには一層驚かされる。客が美女の脚を丹念に舐めたかと思えば、「ほら、これがほしかったんでしょ。お仕置きよ!」と彼女に太ももで首を絞められるのだ。「日本一の脚だよ」と恍惚(こうこつ)の表情で、美女の全身を包帯でグルグル巻く客もおり、笑いを誘う。

一見誰もがうらやむ成功者だった竹内は、なぜ「MAZE」のオーナーをしていたのか? そして、彼はなぜ突然自殺したのか? 一連の謎には、彼と友人だった加藤、七緒子を含む3人が抱える過去のトラウマが関わっているようだ。怒涛(どとう)のサスペンス展開と、美しくも妖しく、そして切ないラストが記憶に残るだろう。

サムネイル
映画『美脚迷路』


「お仕置きよ!」と美女に太ももで首を絞められ......脚舐め、首絞め、包帯プレイなど"変態限定クラブ"の過激サービスにゾクゾクッ! 官能サスペンス映画『美脚迷路』を無料配信中>>

(文/カオタニ@HEW

GYAO! 無料動画ランキング

映画、ドラマ、アニメ、音楽、バラエティが、会員登録不要で見放題!今すぐ無料で動画を楽しもう!

5/28 デイリーランキング