キャバ嬢の少女、ドクズ男に乱暴され...柳楽優弥&菅田将暉&小松菜奈による脳髄グラグラ映画『ディストラクション・ベイビーズ』

2022/3/ 7 18:11

暴力描写を含む過激なシーンが話題になった映画『ディストラクション・ベイビーズ』(2016年、R15+)を動画配信サービス「GYAO!」にて3月31日23時59分まで無料配信中。キャバ嬢の少女(小松菜奈)が、クズ男(菅田将暉)に襲われるシーンが衝撃的だ。

サムネイル
映画『ディストラクション・ベイビーズ』


「黙っとけ!」「舐(な)めとったら殺すぞ!」......ドクズ男(菅田将暉)は、誘拐したキャバ嬢の少女(小松菜奈)の心と体を容赦なく傷つける。柳楽優弥が演じた主人公の血まみれ暴力シーンも衝撃的な映画『ディストラクション・ベイビーズ』を無料配信中>>

愛媛県松山市西部の小さな港町。プレハブ小屋で弟と暮らす芦原泰良(柳楽優弥)は、ケンカに明け暮れ、ついには街から姿を消した。それからしばらくたった松山の中心街に、強そうな相手を見つけてはケンカを仕掛ける泰良の姿があった。高校生の北原裕也(菅田将暉)は、彼に興味を持って行動を共にするようになる。やがてふたりは車を強奪し、キャバクラで働く少女・那奈(小松菜奈)を巻き込んで悪事を重ねていく――。

映画公式が「日本映画史上もっとも過激な108分」と謳(うた)っているだけあり、『ディストラクション・ベイビーズ』は全編にわたって過激な描写が満載。中でも、キャバクラの従業員の車を奪った裕也が、車内にいた那奈を誘拐するシーンに驚かされる。抵抗する彼女を「黙っとけ!」「舐めとったら殺すぞ!」と容赦なく何度も殴り、さらには欲情して彼女の体をまさぐり、車のトランクに押し込むのだ。屈辱のあまり、大粒の涙を流す那奈の姿が痛々しい。

また、柳楽優弥が演じた主人公・泰良の暴力のシーンも見逃せない。見ず知らずの男に突然殴りかかるのはもちろん、返り討ちに遭って顔面を血まみれにしながらも、ニヤリと笑う姿にゾクッとさせられる。獣のように生きる泰良と裕也が見せる、純粋な狂気に震えるだろう。

サムネイル
映画『ディストラクション・ベイビーズ』


サムネイル
映画『ディストラクション・ベイビーズ』


サムネイル
映画『ディストラクション・ベイビーズ』


「黙っとけ!」「舐(な)めとったら殺すぞ!」......ドクズ男(菅田将暉)は、誘拐したキャバ嬢の少女(小松菜奈)の心と体を容赦なく傷つける。柳楽優弥が演じた主人公の血まみれ暴力シーンも衝撃的な映画『ディストラクション・ベイビーズ』を無料配信中>>

(文/カオタニ@HEW

GYAO! 無料動画ランキング

映画、ドラマ、アニメ、音楽、バラエティが、会員登録不要で見放題!今すぐ無料で動画を楽しもう!

5/20 デイリーランキング