「クソムシが」「ズブズブのド変態」..."ドS中学生"玉城ティナに性癖を狂わされる!? 過激シーン満載の実写版『惡の華』

2022/3/ 8 18:03

変態的な描写が話題になった漫画『惡の華』の実写映画版(2019年)を動画配信サービス「GYAO!」にて4月5日23時59分まで無料配信中。女優の玉城ティナがドSな中学生役を演じており、主人公を激しく罵倒しながら服を脱がせるシーンにゾクッとさせられる。

サムネイル
映画『惡の華』出演の玉城ティナ


あこがれの女子のブルマを嗅ぐ男子中学生(伊藤健太郎)は、クラスの問題児(玉城ティナ)に醜態を目撃され......問題児に罵倒されながら、盗んだブルマを穿(は)かされるシーンに驚く映画『惡の華』を無料配信中>>

本作は、アニメ化や舞台化もされた押見修造の同名コミックが原作。主人公は、中学2年生の春日高男(伊藤健太郎)だ。ボードレールの詩集『惡の華』を心のよりどころにする春日は、あこがれの同級生・佐伯奈々子(秋田汐梨)の体操着を出来心で持ち出してしまう。一部始終を目撃していたクラスの問題児・仲村佐和(玉城ティナ)は、そのことを秘密にする代わりに、彼にある"契約"を持ちかける。その日から、春日は仲村の要求に翻弄(ほんろう)されるのだった――。

思春期特有の鬱屈(うっくつ)感や衝動を描いた『惡の華』は、実写版も強烈キャラたちの過激な言動が見どころ。玉城ティナが演じた仲村佐和は、生徒だけでなく教師にも反抗的な態度をとる問題児だ。春日に興味を持った仲村は、「変態としての気持ち」を作文に書くように命じたり、一緒に教室をめちゃめちゃにしたりして、彼の変態性を解放させようとする。中でも、仲村が春日の服を無理やり脱がせて、彼が盗んだ佐伯の体操着を着させるシーンのインパクトは大きい。ブルマ姿でもだえる春日も、「黙れクソムシ!」「ズブズブのド変態が!」と彼に罵詈(ばり)雑言を浴びせる仲村も衝撃的だ。

美しく危うい仲村に対して、春日は次第に『惡の華』へのあこがれと同じような感情を覚え始める。そしてついに、ふたりは夏祭りの夜に到底許されない大事件を起こしてしまう。鬱屈とした青春時代を過ごしていた少年少女が迎える結末とは?

あこがれの女子のブルマを嗅ぐ男子中学生(伊藤健太郎)は、クラスの問題児(玉城ティナ)に醜態を目撃され......問題児に罵倒されながら、盗んだブルマを穿(は)かされるシーンに驚く映画『惡の華』を無料配信中>>

(文/カオタニ@HEW

GYAO! 無料動画ランキング

映画、ドラマ、アニメ、音楽、バラエティが、会員登録不要で見放題!今すぐ無料で動画を楽しもう!

5/20 デイリーランキング