娘を殺したのは、私でしょうか――母親の「究極の決断」に涙が止まらない映画『人魚の眠る家』

2022/3/ 9 17:02

篠原涼子と西島秀俊が夫婦役を演じた映画『人魚の眠る家』(2018年)を動画配信サービス「GYAO!」にて3月11日23時59分まで無料配信中。意識不明のまま回復の見込みのない愛娘を生かし続けるか、死を受け入れるか――? 究極の問いに迫った感動作だ。

サムネイル
映画『人魚の眠る家』


ラスト28分の衝撃! 生死の境界を問う感動のヒューマンミステリ映画『人魚の眠る家』を無料配信中。「狂ってでも守りたいものがある」母親の愛情に涙が止まらない......!>>

播磨薫子(篠原涼子)と和昌(西島秀俊)の夫婦は、娘の小学校受験が終わったら離婚する予定だった。ある日、娘の瑞穂がプールでおぼれて意識不明となる。延命治療を開始した結果、娘はただ眠っているかのように美しい姿を取り戻すが、薫子の行動はエスカレートしていく――。

本作は、ベストセラー作家・東野圭吾によるヒューマンミステリ小説を原作に、「回復の見込みがないわが子を生かし続けるか、死を受け入れるか」という選択を迫られる夫婦を描いた物語だ。夫婦には「愛娘の死を受け入れて、ほかの子どもへの臓器提供を許諾する」という道も示され、彼らはふたつの答えの間で揺れ続ける。

やがて妻の薫子は、夫にも理解しがたい振る舞いをするようになっていく。時に奇異の目にさらされながらも薫子はいちずに娘を思い、物語の終盤、彼女は衝撃の行動に出る。そして明かされる不慮の事故の真相、夫婦が下す決断とは――? 薫子役を演じる篠原涼子が鬼気迫る演技を見せており、「第42回日本アカデミー賞」で優秀主演女優賞を受賞したのも納得! 「狂ってでも守りたいものがある」母親の愛情に涙が止まらないはずだ。

夫婦役を演じた篠原涼子と西島秀俊の脇を固めるのも、坂口健太郎,川栄李奈,山口紗弥加、田中哲司、田中泯、松坂慶子といった豪華キャスト。さらに『TRICK』シリーズや『SPEC』シリーズといったヒットドラマで知られる堤幸彦監督がメガホンを取り、盤石の布陣と言えよう。原作者である東野圭吾氏も「一級品の娯楽作品」と太鼓判を押し、「原作者が泣いたらかっこ悪いという思いから懸命に涙は堪えましたが、皆さんは遠慮なく泣いてくださって結構です」とコメントを寄せている。

サムネイル
映画『人魚の眠る家』


サムネイル
映画『人魚の眠る家』


サムネイル
映画『人魚の眠る家』


ラスト28分の衝撃! 生死の境界を問う感動のヒューマンミステリ映画『人魚の眠る家』を無料配信中。「狂ってでも守りたいものがある」母親の愛情に涙が止まらない......!>>

(文/原田美紗@HEW

GYAO! 無料動画ランキング

映画、ドラマ、アニメ、音楽、バラエティが、会員登録不要で見放題!今すぐ無料で動画を楽しもう!

5/28 デイリーランキング