美しい"極妻"の入れ墨ヌード&濃厚ラブシーン...血と情欲交わる黒木瞳の主演映画『姐御』

2022/3/14 18:30

映画『姐御』(1988年)を動画配信サービス「GYAO!」にて3月29日23時59分まで無料配信中。公開当時20代だった女優の黒木瞳が、美しき極道の妻役を演じており、背中一面に入れ墨を施した裸をさらして官能的なラブシーンを披露している。

サムネイル
映画『姐御』


「この入れ墨に返り血を浴びる日が、ウチの命日」......そろいの入れ墨を入れた極道夫婦は、慈しみ合うように肌を重ねる。黒木瞳のラブシーンに見とれる映画『姐御』を無料配信中>>

本作は、作家・藤田五郎の小説『女侠客』を実写化したもの。古溝組の若頭・紺野淳一(松方弘樹)は、義理を重んじるヤクザだった。しかし、敵対する田ノ浦組の騙(だま)し討ちに遭い、壮絶な死を遂げる。しかもそれは、彼の妻である愛(黒木瞳)の目前での出来事だった――。

主演の黒木瞳は、公開当時まだ20代後半だったにもかかわらず、不幸を承知で極道の妻となる壮絶な役どころになりきった。黒木演じる愛は、夫と同じ鯉(こい)の入れ墨を背中に入れるほど彼をいちずに愛している。夫婦のラブシーンでは、ふたりとも一糸まとわぬ姿で体を求め合っており、まるで背中に描かれた鯉が激しく泳いでいるように見える。夫婦が何度もキスを交わす姿も、愛がきゃしゃな体を快感に震わせる姿も官能的だ。

亡き夫の復讐の機会を窺(うかが)う愛は、田ノ浦の命を狙うが失敗し、刑務所に収監されてしまう。数年後に出所するも復讐の意思は変わらず、何度失敗しても諦めることなく立ち向かっていくのだ。やがて、古溝組と田ノ浦組の関係性はさらに悪化し、血みどろの抗争へと発展していく。愛の壮大な復讐劇に、最後までハラハラさせられるはずだ。

サムネイル
映画『姐御』


サムネイル
映画『姐御』


「この入れ墨に返り血を浴びる日が、ウチの命日」......そろいの入れ墨を入れた極道夫婦は、慈しみ合うように肌を重ねる。黒木瞳のラブシーンに見とれる映画『姐御』を無料配信中>>

(文/カオタニ@HEW

GYAO! 無料動画ランキング

映画、ドラマ、アニメ、音楽、バラエティが、会員登録不要で見放題!今すぐ無料で動画を楽しもう!

5/27 デイリーランキング