他人に見られながらの激しい銭湯ラブシーン...夫婦の性を描いた官能ロマン『マグマのごとく』を無料配信中

2022/3/16 18:18

官能映画『マグマのごとく』(2004年、R15+)を動画配信サービス「GYAO!」にて3月28日23時59分まで無料配信中。場末の銭湯を舞台に、湯船の中でしか交われない夫婦の情事や、他人に見られることを望む夫婦など、男女の刺激的なラブシーンが満載だ。

サムネイル
映画『マグマのごとく』


湯船の中でしか体を許せない夫婦、他人に見られることを望む夫婦らが、場末の銭湯で肌を重ね......湯船での官能的なラブシーンが盛りだくさんな映画『マグマのごとく』を無料配信中>>

物語の舞台は、閉鎖寸前のとある銭湯。夫の満夫は銭湯のオーナーを務め、妻の敦子はいつも番台にたたずんでいた。敦子は、水中でしか夫と肌を重ねることができず、番台では下腹部が常に濡(ぬ)れている。そんな彼女に、男湯の客は劣情を抱いていた――。

満夫と敦子の情事は、いつも客がいなくなった銭湯で繰り広げられる。妻に求められるがまま、満夫は彼女の体をいやらしい手つきで洗い、自身も泡だらけのまま湯船につかって体を求め合うのだ。なお、この場末の銭湯では、夫婦だけでなく、敦子と男性客、さらにはほかの夫婦客も情事に耽(ふけ)っている。中でも、敦子が客の夫婦に頼まれ、湯船で情事に及ぶふたりを鑑賞してやるシーンは衝撃的だ。快楽に喘(あえ)ぐ客たちはもちろん、そんな男女を熱っぽい瞳で眺める敦子にもドキッとさせられる。

『マグマのごとく』は官能的な描写が満載だが、ワケアリな夫婦の心情も丁寧に描かれている。代々続く銭湯を汚すような行為をしていることに悩む満夫、湯船の中なら誰でも肌を重ねてしまう敦子の夫への本当の思いも胸に刺さる。夫婦が迎える結末も衝撃的だ。

サムネイル
映画『マグマのごとく』


湯船の中でしか体を許せない夫婦、他人に見られることを望む夫婦らが、場末の銭湯で肌を重ね......湯船での官能的なラブシーンが盛りだくさんな映画『マグマのごとく』を無料配信中>>

(文/カオタニ@HEW

GYAO! 無料動画ランキング

映画、ドラマ、アニメ、音楽、バラエティが、会員登録不要で見放題!今すぐ無料で動画を楽しもう!

5/27 デイリーランキング