"ワンコ系医学生"松村北斗を保護したい! びっくり顔、ふびんキャラ、大縄跳びシーンを一生見たい『女王の法医学2』

2022/3/23 18:26

SixTONESの松村北斗がスペシャルドラマ『女王の法医学~屍活師~2』(テレビ東京系)に出演。ヒロインから「ワンコ」呼ばわりされる医学生役を演じており、彼女に雑に扱われるふびんな役どころや、大縄跳びをするキュートな姿に「保護したい!」とファンが大喜びだ。

サムネイル
『女王の法医学~屍活師~2』


"ワンコ系医学生"松村北斗が大縄跳びでピョンピョンする「尊み深し」なシーンを永遠リピ! ふびんキャラぶりも愛おしいスペシャルドラマ『女王の法医学~屍活師~2』を無料配信中>>

3月21日に放送された同ドラマは、漫画家・杜野亜希による人気コミックが原作で、2021年5月に放送されたスペシャルドラマの続編にあたる。「女王」の異名を持つ法医学研究室の准教授・桐山ユキ(仲間由紀恵)が医学生の犬飼一(松村北斗)と共に、物言えぬ死者の代わりに正しい死因と事件の真相を突き止めていく法医学ミステリーだ。

松村が演じた犬飼は、父親を亡くしてから4人の弟妹をひとりで世話しつつ、学費のためにアルバイトを掛け持ちする苦労人な医学生。わがままなユキには「ワンコ」と呼ばれ、何かとこき使われている。配信中の続編でも、殺人事件の犯行のシミュレーションとして、ユキに資料の束で叩(たた)かれたり、首を絞められたりと"ふびんキャラ"は健在だ。研究室で寝ていたユキが突然起きて、犬飼が驚きのあまりイスから飛び上がるシーンもあった。子どもたちや、事件の被害者遺族である青年と笑顔で大縄跳びをする姿も愛おしい......!

白衣や解剖着をさわやかに着こなし、再びワンコ系医学生になりきった松村に、ファンは大盛り上がり。Twitter上では「ワンコの縄跳びは完全に犬なんよ」「びっくりしたときに何センチ跳ねたのか測らせてください」「シミュレーションのために本当に殴られるワンコ不憫w」といった声が寄せられた。松村演じる犬飼の成長が感じられる描写に対しても「ワンコめちゃめちゃ成長してる 偉いね、よしよし」「ワンコが1話ごとに成長してる~~続編いつですか!? むしろ連ドラ化する??」といった声が寄せられている。

"ワンコ系医学生"松村北斗が大縄跳びでピョンピョンする「尊み深し」なシーンを永遠リピ! ふびんキャラぶりも愛おしいスペシャルドラマ『女王の法医学~屍活師~2』を無料配信中>>

(文/藤原利絵@HEW

GYAO! 無料動画ランキング

映画、ドラマ、アニメ、音楽、バラエティが、会員登録不要で見放題!今すぐ無料で動画を楽しもう!

5/20 デイリーランキング