壊れゆく世界を生きる少年たち! "脅威の新人"YOSHI、"金髪アウトロー高校生"菅田将暉、"理性的で臆病な少年"仲野太賀、ネグレクト、援助交際、暴力の救いゼロ映画『タロウのバカ』

2022/3/25 17:30

映画『タロウのバカ』(2019年、R15+)を動画配信サービス「GYAO!」にて4月13日23時59分まで無料配信中。大森監督に見出された、本作が俳優デビューとなるYOSHIが主演を務め、俳優の菅田将暉が金髪姿で非行に走る高校生役を演じており、暴力シーンをはじめ、ネグレクト、援助交際といった衝撃的な描写が満載だ。

サムネイル
映画『タロウのバカ』


育児放棄された少年(YOSHI)、暴力に走る高校生(菅田将暉)、援助交際をする女子生徒に恋する高校生(仲野太賀)らが迎える最悪のラストが記憶に残る。映画『タロウのバカ』を無料配信中>>

母親から育児放棄されて戸籍も名前もない少年(YOSHI)は、仲良くなった高校生のエージ(菅田将暉)とスギオ(仲野太賀)から「名前がないやつはタロウだ」と名付けられる。エージとスギオもやるせない悩みを抱えていたが、タロウとつるんでいるときは、なぜか心が軽くなるのだった。しかし、偶然3人はひとつの拳銃を手に入れたことで、過酷な現実に向き合うことになる――。

菅田将暉が演じたエージは、柔道の特待生として周囲から期待されるも、ケガで挫折し、自暴自棄になっている高校生。教師から兄と比較されて「おまえは生きている意味がない」「世の中の隅っこで生きていけ」とののしられ、常に行き場のない怒りを抱えている。教師の言葉をきっかけに、エージは障害者に違法な労働をさせるバイトをしたり、半グレ集団に関わったり、何かと暴力に走るなど、やさぐれた日々を送ることになるのだ。タロウやスギオと共に半グレ集団を襲撃し、返り討ちに合うシーンが痛々しい。

スギオがひそかに恋心を抱く女子高生が実は援助交際をしているという設定も含め、映画『タロウのバカ』は、センセーショナルな描写が満載だ。社会からはみ出した3人の少年たちの生きざまは、純粋ゆえに輝いても見えるが、それぞれが破滅へと向かっていく。フィクションであることを忘れるほど生々しく、救いのないラストに衝撃を受けるだろう。

サムネイル
映画『タロウのバカ』


育児放棄された少年(YOSHI)、暴力に走る高校生(菅田将暉)、援助交際をする女子生徒に恋する高校生(仲野太賀)らが迎える最悪のラストが記憶に残る。映画『タロウのバカ』を無料配信中>>

(文/カオタニ@HEW

GYAO! 無料動画ランキング

映画、ドラマ、アニメ、音楽、バラエティが、会員登録不要で見放題!今すぐ無料で動画を楽しもう!

5/27 デイリーランキング