顔にアザのある美女✕無職ダメ男らの過激ラブシーン連発 人間の業を描いた愛憎劇『捨てがたき人々』

2022/3/30 18:10

映画『捨てがたき人々』(2012年、R15+)を動画配信サービス「GYAO!」にて4月20日23時59分まで無料配信中。人生に絶望した無職のダメ男が、顔のアザにコンプレックスを抱く美女と欲望のまま肌を重ね続けて、愛のない家族になっていく姿が胸に刺さる。

サムネイル
映画『捨てがたき人々』


金と性欲に忠実な無職ダメ男は、顔にアザのある美女の弱みにつけこんで何度も情事に及ぶ。彼らを取り巻く熟女や人妻らの情事にドキッとし、愛のない家族が迎えるラストがやるせない映画『捨てがたき人々』を無料配信中>>

原作は、『銭ゲバ』『アシュラ』などを世に送り出した漫画家・ジョージ秋山の同名コミック。無職で怠け者の狸穴勇介(大森南朋)は生きることに飽き、「人生の最後」を迎えるために故郷に戻ってきた。知り合いが誰もいない町で彼に笑顔を向けたのは、顔に大きなアザのある岡辺京子(三輪ひとみ)だけだった。唯一優しく接してくれた彼女に、勇介は半ば強姦まがいに関係を迫り、なし崩しに同棲(どうせい)を始めるが――。

ヒロインの京子は、勇介に嫌悪感を抱いている。しかし、アザのせいで恋愛を諦めている彼女は、自分を女として扱う勇介から離れられないのだ。何度となく行われるふたりの情事は、勇介の性欲処理のためだけと言っても過言ではなく、そこに愛は一切ない。一方で、勇介と京子を取り巻く熟女や人妻たちも情欲に支配されており、彼女たちのラブシーンの数々も刺激的だ。

やがて京子は妊娠するが、典型的なダメ男である勇介は「堕ろせ!」と怒鳴り散らす。彼が求めているのは家族ではなく、セックスだけなのだ。その後、子どもは無事に生まれるが、勇介と京子のただれた性生活は変わらない。そんな両親に対して、成長した子どもが放った悲しいセリフとは? 彼らの生きざまを通して垣間見る、人間の欲深さや業の深さに言葉を失うだろう。

サムネイル
映画『捨てがたき人々』


サムネイル
映画『捨てがたき人々』


金と性欲に忠実な無職ダメ男は、顔にアザのある美女の弱みにつけこんで何度も情事に及ぶ。彼らを取り巻く熟女や人妻らの情事にドキッとし、愛のない家族が迎えるラストがやるせない映画『捨てがたき人々』を無料配信中>>

(文/カオタニ@HEW

GYAO! 無料動画ランキング

映画、ドラマ、アニメ、音楽、バラエティが、会員登録不要で見放題!今すぐ無料で動画を楽しもう!

5/28 デイリーランキング