「余命わずかな美女」役・松下奈緒の純愛ラブシーン...恋人たちの"最期の時間"に涙が止まらない映画『アジアンタムブルー』

2022/4/ 8 18:05

恋愛映画『アジアンタムブルー』(2006年)を動画配信サービス「GYAO!」にて4月15日23時59分まで無料配信中。女優の松下奈緒が演じた「余命わずかな美女」のラブシーンや、彼女が恋人と残された時間を懸命に過ごす姿に感涙させられる。

サムネイル
映画『アジアンタムブルー』


やさぐれた雑誌編集者(阿部寛)と余命1カ月の美人カメラマン(松下奈緒)は、フランスのニースにて最後の瞬間まで愛を深めていく......。恋人たちの情事、涙、穏やかな日常、そして永遠の別れに涙腺が刺激される純愛映画『アジアンタムブルー』を無料配信中>>

本作は、作家・大崎善生の同名ベストセラー小説が原作。雑誌編集者の山崎隆二(阿部寛)は、新進気鋭のカメラマン・続木葉子(松下奈緒)に惹(ひ)かれ、ふたりは次第に愛し合うようになる。しかし、葉子の体には病魔が潜んでおり、彼女は余命1カ月の宣告を受けてしまう。ふたりは全てを捨て、葉子が憧れるフランスのニースに旅立つが――。

美しい街並みと自然が広がるニースのホテルで、葉子が隆二と肌を重ねるシーンは特に印象的。ふたりは無言で何度もキスを交わし、裸で互いを求め合う。そして、葉子は隆二に抱きついたまま「私の次の人にも優しくしてあげてね」「そうしたら私、死ぬのなんて怖くない」とつぶやくのだ。「次なんてない。一緒に逝くんだろ」と即答する隆二に対して、葉子が「そうしたら、私のことを覚えている人がいなくなっちゃう......」と消え入りそうな声で返す姿が切ない......。

情事のあと、眠る葉子を置いて隆二が隠れて涙する姿や、日に日に弱っていく葉子の姿、彼女が遺した隆二宛ての手紙の内容も胸に突き刺さる。ニースの絶景を前に、恋人たちがふたりきりで最期のひとときを過ごすラストシーンは、涙なしでは見られないだろう。

サムネイル
映画『アジアンタムブルー』


やさぐれた雑誌編集者(阿部寛)と余命1カ月の美人カメラマン(松下奈緒)は、フランスのニースにて最後の瞬間まで愛を深めていく......。恋人たちの情事、涙、穏やかな日常、そして永遠の別れに涙腺が刺激される純愛映画『アジアンタムブルー』を無料配信中>>

(文/カオタニ@HEW

GYAO! 無料動画ランキング

映画、ドラマ、アニメ、音楽、バラエティが、会員登録不要で見放題!今すぐ無料で動画を楽しもう!

5/27 デイリーランキング