第1話のセルフオマージュ?「絶望の規模が段違い」と悲鳴が続々/『「進撃の巨人」The Final Season』第87話

2022/4/ 8 17:00

『「進撃の巨人」The Final Season』第87話で、エレン(CV:梶裕貴)が"地鳴らし"を発動させた。第1話をほうふつとさせる描写もあり、ファンの間で「セルフオマージュか」と指摘されている。

サムネイル
『「進撃の巨人」 The Final Season Part 2』第28話 人類の夜明け


「ちびっこギャング」に間違えられるリヴァイ......ほっこり日常シーンから一転。終盤は絶望オブ絶望。人類に向けられた「駆逐してやる」のセリフに鳥肌!『「進撃の巨人」The Final Season』を無料配信中>>

第87話『人類の夜明け』では、マーレ大陸に到着したときのことをエレン目線で振り返った。車を見て驚いたり、アイスクリームを食べて感激したり、サシャ(CV:小林ゆう)たちは初めて触れるものに大はしゃぎ。リヴァイ(CV:神谷浩史)がピエロから「ちびっこギャング」と子ども扱いされる名シーン(!?)もあった。これまでヘビーな展開が続いていただけに、キャラクターたちの平和な日常のやりとりに心癒やされる。

しかし、それから雰囲気が一転し、終盤では地鳴らしが発動されてしまった。人間たちを巨人が見下ろす構図、「やつだ......進撃の巨人だ」というセリフやBGMなどから、第1話の巨人襲来シーンを思い出した視聴者も多く、Twitter上で「セルフオマージュか」と指摘する声が上がった。

しかし、今回エレンの「駆逐してやる。この世から一匹残らず」というセリフは、人類に向けられている。しかも巨人による攻撃の規模も第1話をはるかに上回っている。ショッキングな展開が「絶望感やばい」と評判で、「第1話と全く同じ光景なのに絶望の規模が段違い」「超大型巨人の絶望がアニメだとさらにやばかった」「夢にまで出てきそう 完全にトラウマになる」といった声が相次いだ。

なお、『「進撃の巨人」The Final Season』完結編は、NHK総合にて2023年に放送予定。2013年に放送スタートし、10年の節目を迎えて完結するテレビアニメ『進撃の巨人』に対して、あらためて「最高のアニメ」と称賛が寄せられている。

サムネイル
『「進撃の巨人」 The Final Season Part 2』第28話 人類の夜明け


サムネイル
『「進撃の巨人」 The Final Season Part 2』第28話 人類の夜明け


「ちびっこギャング」に間違えられるリヴァイ......ほっこり日常シーンから一転。終盤は絶望オブ絶望。人類に向けられた「駆逐してやる」のセリフに鳥肌!『「進撃の巨人」The Final Season』を無料配信中>>

(文/原田美紗@HEW

GYAO! 無料動画ランキング

映画、ドラマ、アニメ、音楽、バラエティが、会員登録不要で見放題!今すぐ無料で動画を楽しもう!

5/28 デイリーランキング