殺されたカップルが再会して情事に及び...『64-ロクヨン-』瀬々敬久監督によるカオス官能映画『トーキョー✕エロティカ』

2022/4/18 18:10

映画『トーキョー✕エロティカ』(2001年、R15+)を動画配信サービス「GYAO!」にて5月7日23時59分まで無料配信中。「ピンク四天王」のひとりで一般映画でもヒットを飛ばす瀬々敬久監督が「殺されたカップル」を主人公に描いたカオスな官能作だ。

サムネイル
映画『トーキョー×エロティカ』


殺されたカップルの情事、犯人が彼氏を犯すシーン、カップルの死に際のシーンなど、断片的に映像を組み合わせた構成が衝撃的! 不思議な世界感が魅力の映画『トーキョー✕エロティカ』を無料配信中>>

本作で監督を務めた瀬々敬久は、『64-ロクヨン- 前編/後編』『8年越しの花嫁 奇跡の実話』『友罪』などを手がけ、邦画には欠かせないクリエイターで知られている。過去にはピンク映画の世界でも活躍し、佐藤寿保、サトウトシキ、佐野和宏と共に「ピンク四天王」のひとりに数えられた。配信中の『トーキョー✕エロティカ』は、瀬々監督が地下鉄サリン事件や東電OL事件などをモチーフに、複数の男女の愛を描いた物語だ。

1995年、ケンヂは街に散布された毒ガスによって死亡した。1997年、ケンヂの恋人であるハルカは、「死神」を名乗る謎の人物にラブホテルで惨殺される。そして2002年、死んだはずのふたりが再会し、新しい物語が始まる――。

『トーキョー✕エロティカ』は、現在、過去、未来とさまざまな時間が交錯しながら、男女の恋模様が描かれている。2002年の時間軸では、死んだはずのケンヂとハルカが再会し、情事に及んだ。「ずっと君とこうしたかったんだ」と、ハルカはケンヂにまたがって何度もキスをし、裸になって激しく喘(あえ)ぐ......。ふたりとは別の時間軸で生きる若い男女のラブシーンも満載で、欲望のまま体を求め合う姿にドキッとさせられる。

男女の官能的なシーンの数々や、ケンヂとハルカの死に際のシーン、ハルカを殺した犯人がケンヂを犯すシーンなど、断片的に映像を組み合わせた構成がなんとも前衛的だ。瀬々監督の独特な世界観にあっという間に引き込まれ、不思議な気持ちになるだろう。

サムネイル
映画『トーキョー×エロティカ』


殺されたカップルの情事、犯人が彼氏を犯すシーン、カップルの死に際のシーンなど、断片的に映像を組み合わせた構成が衝撃的! 不思議な世界感が魅力の映画『トーキョー✕エロティカ』を無料配信中>>

(文/カオタニ@HEW

GYAO! 無料動画ランキング

映画、ドラマ、アニメ、音楽、バラエティが、会員登録不要で見放題!今すぐ無料で動画を楽しもう!

5/28 デイリーランキング