ゴールデンボンバー、「90年代V系」風ド派手メイクでシャンパンぶっかけ! 新曲『マリアの肝臓』が超絶カオス

2022/4/20 18:50

4人組ヴィジュアル系エアバンド・ゴールデンボンバーが新曲『マリアの肝臓』を披露した(歌広場淳は活動自粛中)。「90年代のヴィジュアル系バンド」をコンセプトにしたヘアメイクと衣装で、シャンパンをまき散らすパフォーマンスが衝撃的!

サムネイル
『プレミアMelodiX!』出演のゴールデンボンバー


思わずコールしたくなる、ゴールデンボンバーのぶっ飛び新曲『マリアの肝臓』パフォーマンス映像はコチラ。樽美酒研二が美声を披露した下ネタ全開の楽曲も要チェック!>>

4月18日深夜に放送された音楽番組『プレミアMelodiX!』(テレビ東京系)で、ゴールデンボンバーがド派手なヘアメイク姿でスタジオを驚かせた。配信中の新曲『マリアの肝臓』のヘアメイクや衣装は、「90年代のヴィジュアル系バンド」がコンセプトらしい。メンバーたちは全身黒の衣装に身を包み、ボリューム感たっぷりのヘアスタイルだった。

新曲『マリアの肝臓』は、ヴィジュアル系らしいメロディと女性グループ・あやまんJAPANのコールが融合した独特のテイストだ。切なげに歌う鬼龍院翔とキメ顔でエアー楽器を披露する喜矢武豊や樽美酒研二がかっこいい一方で、合いの手を入れるあやまんJAPANが変顔をし、あられもないポーズをするなど好き勝手に暴れまくる姿が笑いを誘う。クライマックスでは、あやまんJAPANがシャンパンをステージ上にまき散らし、テレビ東京のマスコットキャラクター・ナナナを連れてくるなど怒涛(どとう)のカオス展開が続いた。

ゴールデンボンバーといえば奇抜なパフォーマンスで有名だが、今回の『マリアの肝臓』も衝撃的! Twitter上では、「マリアの肝臓のとき、気持ちイイくらい好き勝手&ぶっ飛んでて曲がほぼ入って来なかった」「パンチ効いてる」「シャンパン掛け最高www」「最後ナナナも倒れてわろた面白かったwww」と盛り上がっている。

パフォーマンスはもちろん、メンバー3人の濃すぎるトークも要チェック。樽美酒研二が自ら考えた楽曲のワンフレーズを口ずさむシーンは、下ネタ全開の内容に笑い、彼の美声に惚(ほ)れ直すはず!

思わずコールしたくなる、ゴールデンボンバーのぶっ飛び新曲『マリアの肝臓』パフォーマンス映像はコチラ。樽美酒研二が美声を披露した下ネタ全開の楽曲も要チェック!>>

(文/藤原利絵@HEW

GYAO! 無料動画ランキング

映画、ドラマ、アニメ、音楽、バラエティが、会員登録不要で見放題!今すぐ無料で動画を楽しもう!

5/27 デイリーランキング