"一切脱がない"アキラ100%に号泣させられるなんて...虚言癖のある兄役を演じた感動家族ムービー『こはく』

2022/4/21 18:05

家族愛を描いた感動映画『こはく』(2018年)を動画配信サービス「GYAO!」にて4月25日23時59分まで無料配信中。裸芸でおなじみのお笑い芸人・アキラ100%が笑いを一切捨てて「虚言癖のあるダメな兄」になりきっており、涙の演技にもらい泣きしてしまう。

サムネイル
映画『こはく』


「本当にあの裸芸の芸人?」と疑ってしまうほど胸に突き刺さる、アキラ100%の涙の演技......消えた父親を探すワケアリ兄弟の心の交流、家族愛に感涙する映画『こはく』を無料配信中>>

映画『こはく』は、原案・監督を務めた横尾初喜の幼少時代の実体験をもとにした人間ドラマ。長崎県に住む広永亮太(井浦新)は、幼い頃に離婚で家を出ていった父の会社を受け継いだ。そんな折、実家で暮らす兄の章一(大橋彰)が、街で父を見かけたと言い出す。兄弟は父を探す中で、これまで考えたことがなかった両親の人生に思いをはせる――。

兄の章一役を演じた「大橋彰」というのは、アキラ100%の本名だ。全裸になってタライで股間を隠す芸風で知られているが、映画『こはく』では芸人としてのキャラクターを封印した。そんなアキラ100%が演じた章一は、いい加減なことを言ってばかりで仕事もせずにフラフラしている役どころだ。いかにもダメな中年男といったビジュアルに驚かされるのはもちろん、クライマックスで見せた涙のシーンには「本当にあのアキラ100%なのか?」と疑いたくなるほど号泣させられる。

父親探しが難航する中で亮太は章一を疑い始め、兄弟の仲が険悪になりかけたとき、母が病に倒れてしまう。離婚後、夫の話を絶対にしなかった母が、病床で初めて明かしたこととは? 家族の別れと再会、亮太が自分を見つめ直して家族の愛を再発見していく姿に涙が止まらないだろう。

サムネイル
映画『こはく』


「本当にあの裸芸の芸人?」と疑ってしまうほど胸に突き刺さる、アキラ100%の涙の演技......消えた父親を探すワケアリ兄弟の心の交流、家族愛に感涙する映画『こはく』を無料配信中>>

(文/カオタニ@HEW

GYAO! 無料動画ランキング

映画、ドラマ、アニメ、音楽、バラエティが、会員登録不要で見放題!今すぐ無料で動画を楽しもう!

5/27 デイリーランキング