姉と義弟の禁断ラブシーン...幼なじみを交えた三角関係の結末に涙する映画『夏の娘たち ひめごと』

2022/5/ 2 17:40

官能映画『夏の娘たち ひめごと』(2017年、R15+)を動画配信サービス「GYAO!」にて5月15日23時59分まで無料配信中。田舎に戻ってきた姉が過去に肉体関係を持った義弟と再び情事におぼれながら、幼なじみの男にも恋心を抱いてしまう様が描かれる。

サムネイル
映画『夏の娘たち ひめごと』


幼い頃に男女の仲だった姉と義弟は、大人になって再び肌を重ねる。父の葬式後に激しく体を求め合うなど、ふたりの数々の禁断ラブシーンに目を奪われる官能映画『夏の娘たち ひめごと』を無料配信中>>

本作は、「最後の天才監督」と呼ばれた堀禎一監督の遺作。堀監督はピンク映画でデビューし、ライトノベルやコミック原作の青春モノからドキュメンタリーまで、幅広いジャンルの作品を手掛けて活躍した。そんな堀監督の映画『夏の娘たち ひめごと』は、看護師の直美(西山真来)が故郷の田舎町に戻り、養父の最期をみとろうとするところから始まる。親族が集う故郷には、直美の義理の弟・裕之(鎌田英幸)もいた――。

直美と裕之は義理の姉弟だが、中学生時代に男女の関係になっていた。再会したふたりは、ある憶測から「自分たちは実は本当の姉弟ではないか?」と思いながらも互いに愛を再燃させ、思い出の場所で再び肌を重ねてしまう......。「イケナイこと」とわかっていながらも、義理の姉弟が父の葬式後になど何度も情事に及ぶ姿は背徳感たっぷり。また、裕之と肌を重ねる直美が、故郷で再会した幼なじみの男と肉体関係を持ってしまう展開にも驚かされる。

サムネイル
映画『夏の娘たち ひめごと』


一度は結婚を誓い合った直美と裕之だったが、やがてふたりに別れの時がきてしまう。しかし、裕之は「(幼なじみと)結婚すればいいよ。でも、たまにふたりで会おうよ、シようよ」「姉ちゃんのことが好きなんだよ」と諦めきれない。幼なじみの男を交えた男女の三角関係は悲しい結末を迎えており、直美の涙にもらい泣きさせられる。

幼い頃に男女の仲だった姉と義弟は、大人になって再び肌を重ねる。父の葬式後に激しく体を求め合うなど、ふたりの数々の禁断ラブシーンに目を奪われる官能映画『夏の娘たち ひめごと』を無料配信中>>

(文/カオタニ@HEW

GYAO! 無料動画ランキング

映画、ドラマ、アニメ、音楽、バラエティが、会員登録不要で見放題!今すぐ無料で動画を楽しもう!

5/20 デイリーランキング